処遇改善加算管理システムの事例紹介

法定福利費が自動計算

処遇改善金は、分配計算を考えるのが面倒なので、毎月受け取った金額を介護職員の人数で分けるようにしています。他の事業所と処遇改善の支払いの話をしたところ、処遇改善にかかった会社負担の法定福利費は、計算がややこしいので、法定福利費の計算は諦めている。ということでした。何とか電卓で毎月計算していましたが、いつも手間がかかると感じていました。

システムを導入したことにより、支払金額を入力するだけで法定福利費が自動計算され、電卓で計算することがなくなり、非常に楽になりました。また、保険の加入状況が変わった時も、毎月の加入状況に基づいて計算されるので、安心です。